SPONSORLINK

貧しい環境にいた人を低く見ているのであれば見て欲しい

YUKINAKATA19歳日記

+++++

こんばんは

掲示板にも書きましたが、ここ数日間で色々なことを体験しました。

リュックを盗まれたのです。

リュックには財布などが入っていたために、お金はありません。

運良く携帯と充電器だけが手元に残り、携帯にはモバイルSuica900円が残高として残っていました。

そこから生き抜くために1食100円前後の食事に、宿泊は空港。

羽田空港まで歩き、無事に数日間生き抜くことができ、

その後Uber eatsでリュックを頂き、三日後には30000円稼ぎ出すことが出来ました。

そして今、サイトで日記が書けているのです。

そのようなこともあり、動画ブログは停止していました。

まだ安定していないので停止し続けます。

一週間でどん底から這い上がりました。

リュックごとき、どん底でもありませんね。

そんな話は頭の隅にでも置いていて下さい。

それでは今から本題に入ります。

私のことを感覚的にどのような人だと思っていますか。

少なからず「富裕層の人間」と思う方はいないでしょう。

むしろ「貧困層の人間」って思いますよね。

答えから言うと、後者の人間です。

今まで書いた日記を見ると納得させられますよね。

ここからが特に私が聞きたいことなのですが、

「貧しい環境にいた人間は将来暗い」

思ってません?

そのような人に私から言うとすれば

「名刀は繰り返し何度も叩かれて生まれる」

そう言い返したい。

私を馬鹿にするのは構いませんが、貧しい環境にいた人を低く見る考え方には我慢なりません。

今後そのような考え方は時代に似合わないので気を付けて下さい。

インターネットは良くも悪くも平等の世界。

数千円の端末を手にすることが出来れば世界に何かを発信できる世界。

今まで与えてもらっていた人

何かを求めていた人

環境により多くの人がいますが、今後は何かを求めていた人が有利に立つ場合がある。

その一方、大富豪トランプゲームで経験する都落ちもありえる話です。

繰り返しにはなりますが、貧しい環境にいた者を低く見る考え方は私は嫌います。

そのような人がこの日記を見て笑ったら、しっかりと今の私の環境を目に焼き付けて覚えていて下さい。

SPONSORLINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る