SPONSORLINK

親から学ぶ

YUKINAkATA19歳日記

+++++

おはようございます、中田です。

ここ最近は頻繁に移動しています。(PT生活をしているようで嬉しい^^)

半月で東京→広島→東京→広島→佐賀→福岡→岡山→広島→東京・・・・

自慢ですが移動費は東京〜広島の片道新幹線代一回分も掛かっていません!

移動先を見てみると広島が多いのですが、広島は実家です。

8割型外にいる自分にとっては重要な場所ですね。

余談ですが、資金が増えれば全国に拠点となる場所を得ようと思っています。

実家に帰ると、もちろん親と話す機会が増えます。

この日記は東京で書いているのですが、親と話したことで感じたことなので記録します。

まず、私の尊敬している人を紹介します。

タイトルから察して頂くと「親」と答えるのが正しいのですが違います。笑

(もちろん尊敬しています)

吉田松陰です。

彼の生き方を知らない方は是非調べてみて下さい。

インターネットではなく本で調べることを勧めます!

尊敬している人から良い刺激をもらって思考や行動が変わっていきますよね。

私の場合は、感情的な人なので影響を受けやすいらしいです。あくまでも「らしい」です。

高校生時代に書いていた日記を見ると納得させられます。

(誤字脱字は気にせず笑って済ませて下さい)

影響を凄く受けていますよね。笑

「らしい」ではなく本当でした。

それにしても、「変人」と呼ばれても仕方ないようなことを書いてましたね。

たまたま見たところがここだけれど、まだまだ変なことを書いています。

高校時代を思い出すと多くのことについて書きたくなってきた。笑

プロフィールにはキーワードで色々書いています。

私は吉田松陰を尊敬していますし、吉田松陰から学ぼうとしていました。

しかし、全ての人がそうではありません。

私が尊敬するに至った背景に理由があります。

その背景には、生まれた時からの環境が道を示してくれただけで、必ずしも通る道ではありません。

吉田松陰を尊敬している人もいれば、井伊直弼を尊敬している人もいます。

人それぞれの環境に異なり尊敬する人も異なるわけです。

この日記を見ている人も、誰かを尊敬していると思います。

尊敬する人がいると自然と学んでいる自分自身がいるはずです。

ここでようやく「親」が登場しますが、親からは本当に必要なことが学べます。

この「親」とは「自分の親がいい人!」っといった感情的なものではなく、また環境によって異なることではなく、科学的な立場からの平等的考えです。

根拠は遺伝です。

どこかしら親に似ていることがあります。

目に見えるものであれ、目に見えないもの(思考)などといったことも、気づいていないだけで似た傾向にあるはずです。(受け止める必要もある)

それを否定する人もいると思いますが、少なくとも他の人よりも似た部分を親は持っています。

なので親の失敗談、成功談、など聞くことは一人一人にとって今後重要となる教えだと感じています。

「親の失敗を知る子は強い」と私は思います。

私は広島の実家にいる期間は数日ほどで短かったのですが、親と話す機会が与えられました。

母「本当にお父さんそっくりだね」

自分思考「父に似ているならば、父のことについて知る必要がある」

今更ですが、そう感じました。

そして父の失敗談や成功談を聞いて、失敗談の改善策を自分の課題として目標を立てて、成功談の能力から自信を持って、ある能力は積極的に使うようにしたのです。

親の意見と冷や酒は後で利くのように、子は親から言われたことをうるさく感じる部分はありますが、後に言われたことが大切なことだと気づく時がきます。

親が言った立場に立ってようやく気づくものですが、子供のうちにそのことを悟ることが出来れば、今後芯となる必要な教えになるはずです。

最後にまとめますが、

親から学ぶことで得るものは物凄く大きい。

どのような偉人が語る言葉よりも優れている。

なのでたまには、親のことを知ろうとする機会もつくってみたらいいと思います。

偉そうに語って申し訳ないのですが、確信出来ていることなので書きました。

そして、自分のためにも記録として日記に書いています。

ここまで見てくれて本当にありがとうございます。

SPONSORLINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る